授業料?減免

1 授業料について

(1)納入額および納入期限

区分 納入額 納入期限
前期 267,900円 4月30日
後期 267,900円 10月31日

 

(注)在学中に授業料が改定された場合には、改定後の授業料となります。

なお、その期の初日(前期であれば4月1日、後期であれば10月1日)に在学している学生はその期の授業料を全額納付することとなります。

 

(2)納入方法

毎年4月中旬および10月中旬に納入通知書を学生本人宛てに送付しますので、この納入通知書により最寄りの金融機関で納入してください。
なお、納入の際の振込手数料は、学生の自己負担となります。
また、各期ごとの納入期限に遅れないように注意してください。

2 授業料?入学金

(1) 高等教育機関修学支援制度による免除

大学等における修学の支援に関する法律の公布?施行により、経済的に特に厳しい状況にある低所得世帯を対象に、大学等における修学支援が行われることとなります。

これにより、令和2年度以降、機関要件確認を受けた大学等に入学する新入生や在学生を対象とした給付型奨学金の支給や授業料?入学金の減免措置が行われます。

1)申請書の公表

   大学等における修学の支援に関する法律第7条第1項の確認に係る申請書PDFファイル(434KB)

2)関連リンク  

  ①実務経験のある教員等による授業科目(様式第2号の1-①関係)
  ②理事(役員)名簿の公表(様式第2号の2-①関係)
  ③学修の成果に係る評価(様式第2号の3関係)
  ④3つのポリシー(様式第2号の3、様式第2号の4-①関係)
  ⑤財務諸表等(様式第2号の4-①関係)
  ⑥単年度計画?評価結果(様式第2号の4-①関係)

  ⑦中期計画(様式第2号の4-①関係)
  ⑧教育研究上の基本組織(様式第2号の4-①関係)
  ⑨bbin体育客户端研究者総覧(様式第2号の4-①関係)

  ⑩青森県庁総務部総務学事課ホームページ

 

3 授業料未納による除籍

(1)除籍について

授業料の未納者に対して納入の督促を行いますが、それでも授業料を納入しないときは、下表に定める日付をもって当該未納者は除籍となりますので十分注意してください。

除籍となった者の在学の最終日付は、既に授業料を納付した学期の末日となります。

 

対象学生 対象授業料 納入期限 除籍日
徴収猶予以外の学生 前期分 4月30日 9月1日
後期分 10月31日 3月1日
徴収猶予学生 卒業期でない学生 前期分 9月15日 9月30日
後期分 3月1日 3月15日
卒業期にある学生 前期分 9月15日 9月30日
後期分 2月1日 2月15日

 

※「徴収猶予学生」とは、授業料の徴収猶予や減免申請をした学生をいう。

 

(2)復籍について

除籍となった者から、前期授業料にあっては9月30日までに、後期授業料にあっては3月31日までに 当該除籍事由となった未納の授業料を納付して復籍の願い出があった場合は、同一人について1回に限り、復籍を許可する場合があります。

ページの先頭へ

ホームへ戻る